いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

どうにも、ドミナントの金属的な音に耐えられず、シノクサとヒルに戻してしまいました。
張って2週間しか経っていなかったので、サイレントの古い弦をはずして、移し変えました。
もう、ドミナントとゴールドブラカットはサイレント用にします。
小さい音でなら大丈夫なので。

で、気になっているオブリガートを購入しました。シノクサより2000円ほど高額です。
私の楽器には、スチールのような金属的な音ではなく、しっとりとした音が合うのかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter