いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

メンテナンス覚書

弦の交換
2018.2.8G~Eラーセンヴィルトゥオーゾレッスン中にほつれを発見。
2017.9.16G~Eラーセンヴィルトゥオーゾ1年過ぎたため。でもあまり劣化は感じなかった。
2016.9.4G~Aラーセンツィガーヌ、Eヒル1年過ぎたため。でもあまり劣化は感じなかった。
2015.9.15G~Aエヴァピラッツィゴールド(Gはゴールド巻)
Eゴールド
半年を過ぎたためと、音がひっくり返りやすくなった
2015.2.14G~Eラーセンヴィルトゥオーゾペグボックス内で弦が錆びていたため交換
2014.6.14G~Aラーセンヴィルトゥオーゾ、Eヒルオブリガートの音色がくぐもり交換時期と判断
梅雨時だけど・・・
2014.1.25G~Aオブリガート、Eヒル音が優しすぎる、薄い、パワーがない、他の弦を試してみたくなった
2013.10.21G~Aシノクサ、Eヒルドミナントの金属的な音が気になった
2013.10.8G~Aドミナント、Eゴールドブラカット弦が切れていた
2012.12.27G~Aシノクサ、Eヒル金属的な音が気になった
2012.9.1G~Aドミナント、Eゴールドブラカット交換時期だと判断
2011.12.1G~Aドミナント、Eヒル新しい弦を試してみたくなった、ついでにすべて交換
2011.9.6G~Eドミナントチューニング中に弦を切る
2011.5.10G~Eドミナント(もともとEにはヘリコアが張ってあった)チューニング中に弦を切る
楽器の調整
2015.5.1依頼:全体的な調整、クリーニングG線の音がこもっている、表板と駒の松脂が取れない
2014.2.13依頼:全体的な調整
魂柱の位置を動かす、駒の調整、駒の皮の張替え、顎当ての下のコルクを交換
G線だけ金属的なノイズが顕著、弦を替えても変わらない、ドミナントの時は全弦ウルトラストレス
2013.12.4依頼:駒の皮の張替え、魂柱調整
両方とも不要、弦の相談に応じた
皮が擦り切れてきたように見えた、低音を響かせたい
毛替え
2016.12.3毛の張替え(木の弓とカーボン弓)木の弓
前回毛替えしてから1年たったため
カーボン弓
前回毛替えしてから5年たったため
2015.11.9毛の張替え(木の弓)前回毛替えしてから1年たったため
2014.11.23毛の張替え(木の弓)前回毛替えしてから1年たったため
2013.11.6毛の張替え、巻き皮の修理(木の弓)スクリューを回す量が増えた、購入以来替えていない、巻き皮がむけてきた
2011.8.22毛の張替え(カーボン弓)スクリューを回しきっても毛がダラン