いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

昨日のレッスンを復習して、今の弦がそろそろ8ヶ月になることに気づきました。
でもまだ鳴っているから大丈夫かも。
ふとペグボックスを見ると、D線がナットのところからペグまで錆びていました。
DSC_0351
こんな感じ。
このままだとナットが錆ですり減るだろうし、いつ急に切れてもおかしくないと思い、交換することにしました。外してみると、A線とG線も錆びていました。

次の弦は悩みました。ラーセンヴィルトゥオーゾG~Eと、エヴァピラッツィゴールド。これから湿気が多くなってくるので、もう一度だけラーセンヴィルトゥオーゾにして秋からエヴァピラッツィゴールドにしようと決めました。
今までE線だけはいつもヒルだったのが、今回は全部同じにしました。E線だけ水色の糸巻きなんですね。で、食い込み防止のチューブが外れないのでそのままくっつけています。
DSC_0350

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter