いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

CATEGORYレッスン

レッスン214回目

一昨日まで真夏のように暑く、昨日と今日は冬のように寒い。 音階 変ホ長調。今日は1の指が高い。テンポが速いのでもう少しゆったりと弾いて音をよく聞くこと。 カイザー 11番。パターン7と8。1音目ダウンで残り5音のアップは弓を使いすぎ…

レッスン213回目

夏日!暑い暑い! 音階 変ホ長調。4ポジの指使いは、隣の弦の1ポジと同じ。ずっと前に聞いたことがあるような…。 カイザー 11番。パターン6は先弓1/3と指示があるが、全弓でよい。アップで使ってスタッカート感を出して。パター…

レッスン212回目

冬に戻ったような寒さ…といっても、もう1月ほどではないかな。 音階 変ホ長調。3ポジに上がってから反復練習して音程を確認すること。アルペジオは次回指使いを変えて4ポジで。 弓が指板寄り。だから音が立たない。 カイザー 11…

レッスン211回目

みぞれが降るような寒さ。 音階 変ホ長調。指が寒いので初めにサラサラっと音階を流して。♭は思いのほか下げてもよい。寒くて力が入っているのか、音がかすれて硬い。 カイザー 11番。弓がずっと指板寄りでAを弾いていてもDに触れてしま…

レッスン210回目

寒い寒い、なんだか風邪をひきそうなくらいとても寒いです。 音階 ハ長調。今日は音が高め。半音のところで指がくっついていない。全体的にキンキンして苦しそう。♭も高い。 カイザーが次の曲になったので調を合わせて、次回から変ホ長調。 …

レッスン209回目

明日は雪になりそうな…。 音階 ハ長調。ハイポジで4の指が開きすぎて戻り切れない。右手の問題が顕著。弓先になると右肘が後ろに引けてしまうので、弓が指板の上になって音がかすれる。意識して前に出すように。♭シが高いのでもっと下げる。 …

レッスン208回目

今年最後のレッスン。クリスマス色は一切なくなり、お正月モードの街です。 音階 ト短調。弓元になると弓が遅くなってギギギとなる。腕で弓を上げようとしていることが原因。手首をもう少し曲げて手首で持ってくる感じ。人差し指には必然的に力が入…

レッスン207回目

寒風。ダウンジャケットを久しぶりに着ました。 音階 ト長調。降りてくるときはもっと思い切って降りてもよい。4で降りるときの音がいつも高い。いつもG線が頼りない音だが、遠くに飛ばすイメージだと姿勢がよくなるので意識して。ハイポジでの共…

レッスン206回目

今日は午後から。ハロウィンが終わった直後に、街はクリスマス~。でもまだ11月、早いのでは??年々早くなる気がしています。 音階 ト長調。下りが下手。ポジション移動に気を取られすぎ。どのポジションでも2の指が高い。 カイザー …

レッスン205回目

暖かい日。こういう気候を小春日和というのでしょう。 音階 ト長調。音程が安定しているが、下降時音が高くなる。 カイザー 9番。1音ずつ弓を返す弾き方だと音程も安定しているが、スラーがつくとDGで泣くようなくぐもった音になる。…

さらに記事を表示する

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter