いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

CATEGORYレッスン

レッスン235回目

まだまだ暑い! 音階 イ短調。 最初のラが高い。A線の共鳴をよく聞いて音程を確認すること。 カイザー 20番。重音祭り。下を先に押さえる。下の音をよく聞いて、上の音は何もしなくても出ている。左手をもう少し指板の上に持ってい…

レッスン234回目

雨降りのあとは曇り。暑い。 顎あてのところに敷くタオルは薄手の物をお勧め。厚手だと高くなっちゃう。 音階 イ短調。全体に音が高い。Eのラがいつも高いので、Aのレと平行移動させて。Gラがいつも高い。♯ソを高めにとって。1,3の指が開…

レッスン233回目

あーづーいー! 台風近づく猛暑のなか、汗だくで行ってきました。 音階 イ短調。E線高音部が高く外れすぎ。指をくっつけるところが離れる。これはいつもいつも毎回毎回言われること。高音で音が弱くなるので強めに出すように。弓が浮くのは、右…

レッスン232回目

猛暑[wp_emoji2 code="d147" alt="うだる (温泉)"] 1か月半ぶりのレッスン。間隔が空いちゃうと中だるみで練習しない期間が増えてしまう。 こりゃいかんね! 音階 イ短調。♯ソを高くとって。移弦直前の音が…

レッスン231回目

令和初めてのレッスン。もう夏。暑い。 音階 イ短調。Gのドが高い。 カイザー 18番。ハイポジのところで弱くなる。移弦とスラーが重なると途端に弾けなくなる。肘の高さがいつもいつも、D線の時が一番迷っている。 次回19番。 …

レッスン230回目

前回はダウンを着るような気候だったのが、今日はブラウス1枚だけ。桜が終わればもう夏。 重音祭りで先生はじっと耐えてくれます。さぞお疲れになったと思います。 音階 変ホ長調。3指が若干低いが、まぁいいでしょう。次回はイ短調。 …

レッスン229回目

春の雨。ちょっと寒い。ダウンはまだしまえない。 凝視しているので、楽譜も大事だがどのように指や弓が動いているかを確認しながら弾いて。肘の高さは? 音階 変ホ長調。♭ラが高い。音階練習は大丈夫かと思うくらいゆっくりで始めること。 …

レッスン228回目

昨日は春そのものの陽気で暑いくらい。今日は少し気温が下がっているけれど、やっぱりもう春。 寒い風に当たると目が見えにくくなる…。 音階 ト短調。♭シが高い。相変わらずウィィ~と引き上げるような音の出し方。 カイザーの調が変わった…

レッスン227回目

春のような陽気。立春過ぎたから春なんだけど。 音階 ト短調。短調久しぶり。臨時記号がついていない音の音程をしっかりとる。 カイザー 16番。移弦の時に角度をつけすぎ。パターン1,2,3,6はOK。次回はスタンダードと4と5。…

レッスン226回目

寒い日。駅前で交通事故を目撃しました。車はもうレッカー移動しているところでした。自爆なのかな?自分も気をつけよう。 右手に力が入りすぎているためか、音がギコギコ鳴る。左も右も力を抜いて~~~。 音階 ト長調。右手に力が入りすぎ…

さらに記事を表示する

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter