いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

コラム

  • 2016
  • 楽器の調整も必要です はコメントを受け付けていません。

楽器の調整も必要です

長く使えばバイオリンもメンテンスが必要になってきます。 ニスが剥がれてきたり、ニカワで接着している板が剥がれてきたり、全体のバランスが狂ってきたり・・・。 私の楽器も3年目で不調が出てきました。 弾き方を変えてもどうにも音がかすれてき…

  • 2016
  • 毛替えはお店でお願いしましょう はコメントを受け付けていません。

毛替えはお店でお願いしましょう

弓の毛の毛替えは、半年毎という目安で行っています。 髪の毛と同じように毛にもキューティクルがついていて、それが使うたびに摩耗してツルツルになってしまうのです。以前に比べて松脂を多くつけなきゃいけないかなーなんていう時、もしかしたら毛替えの…

  • 2016
  • 弦の交換は、自分で出来るようにしましょう はコメントを受け付けていません。

弦の交換は、自分で出来るようにしましょう

バイオリンの弦は消耗品です。そして切れることも多いので、最低限、弦の交換はできるようにしておきたいですね。 いつぐらいが交換の目安かというと、一概には言えないんです。 私の場合は大体半年を目安に交換の時期と考えていますが、きっちり半…

  • 2016
  • バイオリンをレンタルしてみる はコメントを受け付けていません。

バイオリンをレンタルしてみる

憧れのバイオリン。 バイオリン教室で借りることもできますが、やはり自分のバイオリンを持ちたいと思いませんか。 でも、いくらくらいするの? 本当に、バイオリンは値段があってないようなものとも言われています。 そして価値が一般に売られて…

  • 2016
  • 弦について はコメントを受け付けていません。

弦について

弦といっても、さまざまな種類があります。 大まかに分けると、ガット弦、ナイロン弦、スチール弦でしょうか。 ガット弦はバイオリンができたころから使われてきた弦で、音色はいいのですが湿度に敏感で頻繁なチューニングが必要です。弦を交換すると音…

  • 2016
  • バイオリンはいつ作られたの? はコメントを受け付けていません。

バイオリンはいつ作られたの?

バイオリンが世に登場してきたのは16世紀初頭と考えられているようです。現存する最古の楽器は16世紀後半のものですが、それ以前にも北イタリアをはじめヨーロッパ各地の絵画や文献でバイオリンが描写されています。レオナルド・ダ・ヴィンチの手による、…

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter