毛替え

毎年1回毛替えをするけれど、去年はコロナがあり(今年もコロナだけど)、レッスン長期お休みし、あまり弾かなかったので繰り越しました。

こちらの動画をよく見ており、弓の毛を変えてみるという視点に気が付きました。普段はモンゴルやカナダ産を張っています。それもセールの時。。。
すごいお高級な馬毛を知り、行きつけの弦楽器屋さんのサイトで調べると、入荷していたんです。
Lucchiという、イタリアのお馬さんです。無漂白なので黒っぽいです。

毛替えをしてきました。
普段使っている弦よりお高かった。いつも張っている弓毛の3割~5割増し。
お店の人は「あまり松脂を塗らないで。引っ掛かりの強い毛だから。プロがよく使っていますよ。ふふっ」と言っていました。ふふっが気になるけど。
帰宅して、松脂を少し塗っては弾いてみてを繰り返し、10往復くらいでいつもの音量が出てきました。いつもなら20往復くらい塗ります。
さぁて、どんな音が出るかなぁ。

https://violinlife.net/wp-content/themes/be_tcd076/img/no-avatar.png

追記。
すごく鳴ります。今は楽器がよく鳴る時期なので、もうバリバリというくらいすごいです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*