いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

全体的に調整する

ゴールデンウィークと重なり、休みも今日しかない!という理由で、再び楽器の調整に行ってきました。
どうやら先日落としてしまってから、魂柱が少し動いたようです😣。
G線のこもる音と、表板&駒のクリーニングをお願いしました。
予約して行ったのが10時半。
「ちょっと時間いただけますか。そうですねぇ、15時以降にまた来られますか?」
どこかでランチ☕ でもしようと思いましたが、勝手がわからず・・・スカイツリーが目の前にそびえていましたが行く気にもなれず・・・いったん帰宅しました。
ちょうど自宅最寄り駅に着いた時に電話があり、終わったので13時半以降なら出来上がっているとのこと。
とりあえず帰宅してご飯🍙を食べ、また取って返しました。
電車に乗っている時間だけで1時間かかります。
今日が休みでよかったよ。
魂柱を調整してあちこち点検して松脂もきれいに取ってもらいました。
G線からD線に移弦したときの違和感はなくなったかな・・・。全体的にややおとなしめの音量になったようです。若干G線のアタックが弱くなったような。
せっかく調整してもらったのに明確にわかるようなポイントがいまだにわかりません。
まぁ、いいんじゃない?って感じです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter