いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

弦楽器フェスタ&毛替え

去年と同じ、島村楽器で弦楽器フェスタをやっていたので、毛替えもお願いしつつ弓の試奏をしてきました。
DSC_0263
店長さんが対応してくださって、弓を6本出してくれました。40万~140万円の弓。
上の2本はオールドボウです。うち1本はフレンチ。96万と140万円。
初めて弾いてみましたが、残念ながらよく違いがわかりませんでした。
私の腕の問題だと思います。
去年350万のバイオリンを試した時はすぐわかったのに、弓はわからないものですね・・・。
まさに猫に小判。
それでも、いいかもと思った弓はあって、緑の巻線の弓(アルシェの特注:60万)でした。

去年も友達と来ました。
「うまくなっているねー」
と。
とても褒め上手な人なんです。

毛替えは1時間ほどで終了。スタンダード(モンゴルの毛)で張ってもらいました。税込で6156円。
今まで張っていたのより少し毛の量が少なめなのか、松脂を塗る前に弦に当ててみると、弦が薄く透けて見えました。
明日からまた練習。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter