いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン228回目

昨日は春そのものの陽気で暑いくらい。今日は少し気温が下がっているけれど、やっぱりもう春。
寒い風に当たると目が見えにくくなる…。

音階

ト短調。♭シが高い。相変わらずウィィ~と引き上げるような音の出し方。
カイザーの調が変わったので、次回は変ホ長調。

カイザー

16番。できているのでOK。次回17番。

ブラームスのハンガリア舞曲
16分音符の直前の音が短すぎる。バタバタした後の音の長さが短すぎる。二分音符しっかり伸ばして。
レーソシレソシレのところは、レー、ソシレソシレと切って考えるとなだれ込まない。
弾きにくい箇所はリズム練習、アップに意識。小指が引っ込んでいる。
ヘンデルのソナタ
符点スラーは、バッハとヘンデルの場合は切る。16分音符は音階練習のようにしっかりと音程を取って。2と3が離れてしまう。くっつけて。
フラジオは結構指を伸ばして。1は頑張って戻って。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter