いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン227回目

春のような陽気。立春過ぎたから春なんだけど。

音階

ト短調。短調久しぶり。臨時記号がついていない音の音程をしっかりとる。

カイザー

16番。移弦の時に角度をつけすぎ。パターン1,2,3,6はOK。次回はスタンダードと4と5。

ブラームスのハンガリア舞曲。
スラーの場所を切ると音頭になるので、切らない。16分音符の箇所は弓を少なく。スラーの箇所を一部修正。poco rit.はインテンポの半分の速さを目安に。八分音符になにもつかずスラーッぽくついているのはタイ。続けて弾く場合はテヌートかスタッカートがつくという約束事がある。速さが目まぐるしく変わるので表記記号に注意して。重音のところは弓のスピードを変えないで。ゆっくり箇所なので単音をしっかり鳴らして下の音を付け足す感じで。
次回はヘンデルのソナタ第4番もみてくる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter