いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン68回目

ゴールデンウィーク初日です。いつもなら空いているはずの道路、電車、ともに混んでいました。
いかにも初夏もどきの暖かさ、爽やかさ。
バイオリンの方は・・・爽やかでもなく、前回よりは少しだけましになった程度です。
もちろんマルには程遠く、春が終わるまでにはこの曲を終わらせましょうという・・ね・・・。
しか~し、私の中ではもう夏なんです、体感温度が。
弓の使い幅、配分はうまくなり、音もそこそこ出ている、あとは強弱と速いパッセージほど落ち着いて弾くようにアドバイスを受けました。音程は首を傾げるほどずれることもあります。
A線の3指、Dの音がばっちり決まるようになり、そこは進歩です。
響く倍音ポイントがわかったんですね。
次回から毎週日曜になりました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter