いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン42回目

前回のレッスン時にバイオリンの購入をしようか迷っていることを先生に話した。
今弾いているものはレンタル品で、レンタル期間が満了すると返品か買い取りか選べる。
買い取りの意思があれば、月々のレンタル料はそのままローンとして払っているのと同じになる。
すでに1年分レンタル料を払っているので、残りはあと1年分。あまりいい楽器でなければ今返品して別に購入する方法もある。
機械の量産で、かつ中国製だけど、先生が弾いてみるとなかなかいい音が鳴るバイオリンだとのこと。
当たり外れがある中、当たりの方だと言ってくれた。
もしこの先購入するのであれば、日本の気候に耐えられるドイツ製か中国製をお勧めするとのことだった。
それにしても…、先生がさらりと弾いた音はとっても滑らかできれいでうっとりする音なのに、私が弾くとガサガサする音だ。
音階練習をひとつクリアした。
曲は、次回に仕上げられるようにする予定。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter