いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン194回目

雨降りそう…今日は母の日。どうりで人が多かった気が。

音階

ハ短調。音量不足。弓元のバランスが苦手。共鳴するレやソはしっかり共鳴させて。2つスラー、4つスラー、8つスラーで各2往復すると左手の指が場所を覚える。右手、どの弦を弾いている???
♭高くなるねー!低め低めを意識してちょうどいい。

カイザー

7番。グジャグジャだけど自分の弱点が詰まった練習曲なので、何が何でもクリアする、と闘志が湧いてくるむかっ (怒り)
①音を4つずつ速めの16分音符で後ろの方から。
②重音。指が触れないように、EGは指板からはみ出ても指が触れていて鳴る。
パターン4の3連符は最初の音が短く弱いのでリズム練習。メトローム使用。無駄にフォルテで弱点を際立たせて。

ビバルディト短調。
テンポが乱れる。メトロノームで確認すること。中盤の8分音符は弓元過ぎるので弓中から始めて、アクセントで弓を使う。
16分音符の4つスラーは1音目が短くなるのでアクセント気味で。1ページ目と3ページ目のガタガタ16分音符は後半に音程が乱れるので気を抜かない。上にポジ移動したときに指の押さえが緩いのでしっかり押さえる。
弾きにくいところは右手に難あり。止まったり極端に遅くなったり弓が変。鏡を見て!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter