いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン121回目

暑くて暑くてフゥフゥ言いながら行ってきました。

さて音階
ミのナチュラルとフラットをはっきりと。ファを基準にして。ラは少し高めを意識。フラットのときとナチュラルのときのレが安定しない。(4指)


1ポジでの3指が安定しない。低いことが多い。3ポジのとき、楽器に手のひらを当てる場所を決める。ゆっくりで自分のミスがわかる速さで練習。長い音符は弓の中から先を使う。バタバタしない。強弱つけて。

前回、今月中で終わる予定だったのが、終わらなくなってしまいました。

先週は実家に帰っていまして、その間バイオリンは自宅でお留守番でした。35度を越える室内で放置され、弦はビヨンビヨンに伸びていました・・・。かわいそうなことをしたなぁ。でも荷物が多くて乗せられなかったんです。

関連記事

  1. こんばんは♪

    自分のミスがわかる速さで練習というのに
    同意です(*゚▽゚)ノ

    あれこれ注意する事がいっぱいで、頭がついていける速度でしか
    全部確認できないんですよね~

    いつも、何弾いてるのかわからないぐらい
    ゆっくり練習してます♪

      • トク丸
      • 2014年 8月 28日

      えびフライ様

      こんばんは。
      できないところを何度も繰り返していると、他の弾けていたところができなくなったりして、エンドレスになってしまいます。
      それでも、翌日にはあっさり弾けたりするんです。
      毎日の練習が大事なんだと痛感します・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter