いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン12回目

練習してもしても泥沼。
音程はどんどんずれるし、左右の動きがぎくしゃくして何を弾いているんだかわかんなくなっているまま、レッスンに行ってきました。
レッスンの中でだんだん指が伸びてきて、音程がとれるようになりました。
この音!という感じです。
また、指がどうしても残る問題については、テンポをゆっくりから5ずつ上げていくことで指の動きが取れるということも教わりました。
さすが先生。

さて、帰ってからしっかり復習しないと。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter