いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン30回目

とうとう30回になりました。
今日も寒かったですね。
かじかむ指先を懸命に動かしてきましたよ。
弦を交換してから、G~A線の音程が下がる下がる。
チューニングを繰り返していたら、何となく駒が歪んできたように見えました。
先生に見てもらったら、駒が指板に傾きつつあったとのこと。
「危なかったですよ、でもよく気がつきましたね」
駒が倒れると魂柱も倒れます。
サイレントには魂柱がないので、アコースティックには本当に気をつける点があります。
曲は、ほぼ9割方仕上げられるようになりました。
あと2回レッスンを受けると本番です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter