いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン220回目

秋らしく涼しい日。道路はどこも混んでいて、私は車の後部をこすった…。

音階

変ホ長調。7月までやっていた調なので安定している。次回はヘ長調。

カイザー

13番。音程、リズムとも安定している。次回は14番。

ドイツ舞曲。ポジションが上がったところの音程が曖昧。下を向いてつまらなさそうにトボトボしている感じ。楽しく弾きましょう。
すぐ上、すぐ下のポジションに移動するときは1音だけなら指を伸ばす程度でよい。
指を離してしまうことで音程がずれる。押さえたままで支障がなければ指は離さない。
次回は次の曲、ジーグ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter