いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン219回目

残暑といえども、空は刷毛で掃いたような雲。秋の始まり。
朝方3時頃、北海道で震度6強の地震があったとのこと…。昨日までは関空で台風21号により冠水があって、今年は猛暑猛暑で、天変地異だらけ。
で、私はICレコーダーの電池が切れて録音できなかった。

音階

ニ長調。E線に上がったときのラが高すぎる。カイザーと曲が終わったので、次回からは変ホ長調。今年の7月にやっていたもの。

カイザー

12番。前回はタイ付き16分音符のテンポが乱れていたが、修正。1小節スラー(音符16個)もまあまあ滑らかにひと弓で配分できたので終了。次回は2巻の13番。

カントリーダンス。緊張すると軽快さが出ない。音程少々乱れるが、ノンスラーとノンスタッカートで叩き込んだかいがあり、またカイザーと連動した多音符スラーも活かせてクリア。ハイポジで指が苦しかったのは、左手の親指がハイポジの位置に来ていなかったため。←笑える
次回はドイツ舞曲。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter