いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

特に開放弦になるとザラザラとした金属音が耳障りになります。
駒より1cm離して弾くようにしたらA,D線は解決しましたが、G線のドから低い音がビリビリときます。
乙女座 「巻きか、ペグかなぁ」
一度弦を緩めてしっかり巻きなおしてみましたが変わりなし。
乙女座 「肩当て?」
足を伸ばしすぎているとぐらついて共鳴してしまうそうですが、変わらず。試しに先生の肩当てを使わせてもらっても、肩当て自体を外しても変わらず・・・。
乙女座 「弓?」
先生の弓で弾いた方がノイズが強く出てしまいました。
乙女座 「なんだろなぁ」
先生、バイオリンをひっくり返したりコンコンとノックしたり覗いたりしていましたが、原因はわかりませんでした。今までこういった例はなかったそうです。
去年12月の調整に出したときはどこも異常なしだったので、今度は他のお店で見てもらったら?と、錦糸町にあるお店を教えてもらいました。

早速調べて電話で予約しました。明日行ってきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter