いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

昨日先生に教えてもらったお店に行ってきました。
自分の楽器でも人に弾いてもらうと音色豊かに聞こえます。で、やはりG線でノイズが出ています。乾燥している時期なのでバリバリしています。楽器が少し荒れているとも言われました。
魂柱を少し動かし、駒も調整して、顎当ての下のコルクが摩耗していたので交換。1時間くらい、8000円でした。
とてもよい雰囲気でしたよ。
そして、もっと弾いてあげてね♪と。

帰宅して早速弾いてみました。
夫がいたので聞いてみると、
「やっとバイオリンらしい音になったね。低音がいい音だね」
との評価をもらいました。
たしかに弾いていても、うまくまとまったバランスが取れた音で、G線のビビリはわずかになっていました。完全に消失したとは言い切れませんが変な共鳴っぽい音は消えました。
とても気持ちよく音が出まするんるん (音符)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter