いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン231回目

令和初めてのレッスン。もう夏。暑い。

音階

イ短調。Gのドが高い。

カイザー

18番。ハイポジのところで弱くなる。移弦とスラーが重なると途端に弾けなくなる。肘の高さがいつもいつも、D線の時が一番迷っている。
次回19番。

アッコーライ。3ページ目まで。1ページ最後のスラーはスラー抜きで音程を確立させる。重音はゆっくり、全音符並みに練習。
高音部は音が潰れないように。解放弦で響かせてその響きが残るような弓の使い方を。
ヘンデル。だいぶ整った。合格。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter