いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

音色が深い


レンタル開始したビオラ。弾いてみると、バイオリンと音色が全然違います。弦はまだドミナントです。バイオリンでよくあった音のカスレがなく、気持ちよく弾けます。ただ、C線に慣れていないので、弾いて覚えないと。この音色好きです。
しかし、やはり大きいし、重いです。20分続けて構えるのは疲れます。肩当もKUNのBravoなのでさらに重い。そしてハイポジが取れない、手が届かない!

これくらい弾けるといいなぁ・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter