いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン226回目

寒い日。駅前で交通事故を目撃しました。車はもうレッカー移動しているところでした。自爆なのかな?自分も気をつけよう。

右手に力が入りすぎているためか、音がギコギコ鳴る。左も右も力を抜いて~~~。

音階

ト長調。右手に力が入りすぎ、力を抜いて。4の指が少し開きすぎ。
カイザーの調に合わせて、次回はト短調。

カイザー

15番。ロングスラーの後半、弓元で小指に力を入れて。苦手な箇所なので、弓元スパルタで。特に最後の音のために弓を節約して。
ダブルトリルもできているので、次回は16番。

モーツァルトのメヌエット。前半の音が繫がりがよくなった。ポジション移動直前に弓が止まったり音が小さくなる。移弦の時に隣の弦なのに行き過ぎてしまうほど動き過ぎ。弓を見て。人差し指の根元の皮が弦に当たってしまうので、ハイポジ移動の時には左手を開いて、他の指が邪魔しないように。何度も反復練習。
次回はブラームスのハンガリー舞曲。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter