いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン147回目

録ったつもりが録れていなかった・・・。確認ミス。

音階
ホ短調。♯ラなんて見慣れないのでつい高めに音をとってしまいます。ピアノの鍵盤なら♯ラ=♭シなのに。でもバイオリンの場合は必ずしもイコールではないんです。
♯ラから♯レはかなり指を開くので、その次にくるソがつい高くなりがち。注意です。頭の中でその調の和音を奏でて、その音に沿うように。


ザイツ5-1。ラとミを弾く時に左手と右手が合っていない。開放弦なのか4なのか楽譜に書き込んで視覚でとらえていくとよい。移弦でどうしても突っ込む箇所があるのでメトロノームでテンポを修正。
音程は合っているので、細かいパッセージを弓先で弾くようにもっていったり、肘を固定して手首で移弦したり、スラーでボーイングが合わなくならないように。
ゆったりしている箇所はビブラートを聞かせるように。

この曲はあまり時間がかからないでしょうと言われたので、出来れば次回にはマルにしたいです。練習頑張らねば。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter