いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン212回目

冬に戻ったような寒さ…といっても、もう1月ほどではないかな。

音階

変ホ長調。3ポジに上がってから反復練習して音程を確認すること。アルペジオは次回指使いを変えて4ポジで。
弓が指板寄り。だから音が立たない。

カイザー

11番。最後の重音地獄。中盤の臨時記号の嵐は頑張った!パターンは6と11を次回練習してくる。

ビバルディ3楽章。Gでの2ポジと3ポジの切り替えはそんなに指を移動させない。半音なので。
曲全体を生き生きバリバリさせて。ベタベタズルズル歩いている感じ。指がくっつくところが離れている。♭は低くとる。2ポジに移る練習。弓がどこの弦を弾いているか。2ページ目の音程がはっきりしない箇所はテンポを無視して一定で反復練習する。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter