いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン211回目

みぞれが降るような寒さ。

音階

変ホ長調。指が寒いので初めにサラサラっと音階を流して。♭は思いのほか下げてもよい。寒くて力が入っているのか、音がかすれて硬い。

カイザー

11番。弓がずっと指板寄りでAを弾いていてもDに触れてしまっている。楽譜ばかりに集中しない。最後の重音では2でシを押さえたまま34を入れ替える。肘を中に入れて手のひらをかぶせて人差し指根元をぐっと起こしポイント、小指を3にくっつける。(この重音で10分ほど試行錯誤)

ビバルディ2楽章。♭が高くなる。フォルテは思い切りが足りないので、直前に弓元に来るように弓を調節して。合格。
次回は3楽章。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter