いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン213回目

夏日!暑い暑い!

音階

変ホ長調。4ポジの指使いは、隣の弦の1ポジと同じ。ずっと前に聞いたことがあるような…。

カイザー

11番。パターン6は先弓1/3と指示があるが、全弓でよい。アップで使ってスタッカート感を出して。パターン11も合格。次回はパターン7と8。

ビバルディ第3楽章。16分音符の時は力んで肘が上がっている。忙しいあとの8分音符やそれ以上に長い音の時は弓が一気に遅くなる。
レドシドレミに上がるときは、Aのレをいったん2で押さえてから移るとスムーズ。2ページ目のSolo以降は右手がどの弦を弾いているかよく見て。
ソミラミシミ・・・は下の音をしっかり鳴らして。
3ページ目のSolo以降はスラーをつけずに1音ずつどこの弦を弾くのか確認。次スラーつけて。リズムの符点と逆符点で繰り返し練習。
抜き出しての練習は細かくやっているが、それ以外にも右手の練習や、リズム練習もしておくこと。木を見て森を見ていない感じ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter