いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン167回目

寒くて手が冷たくて・・・ペンギン 雪

音階
イ短調。他の弦が鳴ることはなくなってきたが、ポジションが上がると指の幅が狭くなることを意識して。強弱をつけると弾きやすくなるかも。上りではしっかり弦を押さえると、フニャフニャした音がしっかり出るようになる。


【無窮動】
最後の重音は弓元からいけるようになったが、GD線をしっかり鳴らしてあげて。ゆっくりのテンポで強弱をしっかりつける練習をするように。右手がずいぶん柔軟に動くようになってきた。
【ビバルディ】
3ポジの音が高い。1ポジに下りきれていない。ガチャガチャ区間はゆっくりのテンポで確実に音が鳴らせるように。他の音が鳴らないように。強弱をつけたほうが楽かも。16分音符はリズム練習。右手が追いついていない。全体に音が高いので注意!トリルはビバルディの時代なので上からかける。4指と2指が開くように3と4を開くストレッチをしておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter