いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン214回目

一昨日まで真夏のように暑く、昨日と今日は冬のように寒い。

音階

変ホ長調。今日は1の指が高い。テンポが速いのでもう少しゆったりと弾いて音をよく聞くこと。

カイザー

11番。パターン7と8。1音目ダウンで残り5音のアップは弓を使いすぎるので、押すだけで弾くと節約できる。親指と人差し指だけで。
考えすぎると右肘が上がる。
次回はパターン9と10。

ビバルディ第3楽章。
8分音符のところとトリルで弓が極端に遅くなる。メトロノームを使ってテンポを叩きこんで。
移弦がうまくいっていない。左で押さえている弦に弓が来ていない。
ポジション移動で上がった時、1で押さえているがそのあとの指が間に合っていない。だから音程が外れる。
16分音符の小節では速く、8分音符の小節では遅くなる。メトロノームで矯正。符点と逆符点でリズム練習。
16分音符の中のスラーとアップで右手が止まっているし、楽器が外側に逃げている。解放弦でどの弦かしっかり確認。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter