いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン204回目

ちょっと肌寒いかな。

音階

ト長調。割と取りやすい調。下りで4が着地するときとアップが重なる時が相変わらずヘタクソで、移弦の前に指が弦に着地しているように。

カイザー

9番。音程はまあまあだが、弓の位置が指板寄りになっているので注意。次回のパターンは6で。

ビバルディ。ト短調。テンポは安定しているが、ところどころリズムが狂ってきた。
重音トリルはもっとしっかり鳴らすように。長い音符の方が急ぐ傾向なので、すごくゆっくり⇒ゆっくり⇒インテンポでメトロノームを併用する。16分音部でばらつくので徹底してリズム練習。3ページ目の段階に降りていくときDを弾いているのに右手が上がりすぎているので無意識にもれなくGがついくる。ダウンの時に拍頭にアクセントをつける。最後の重音に入る前は単音なので、他の弦が鳴らないように。リズム練習は逆符点が苦手なのでそこをとことんいじめ倒して練習。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter