いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン209回目

明日は雪になりそうな…。

音階

ハ長調。ハイポジで4の指が開きすぎて戻り切れない。右手の問題が顕著。弓先になると右肘が後ろに引けてしまうので、弓が指板の上になって音がかすれる。意識して前に出すように。♭シが高いのでもっと下げる。

カイザー

10番。右と左がずれている。右が遅れているのでボワボワとした残響がある。置いておける指は置いておく。手のひらの角度を変えて弦の端を押さえるようにする。

ビバルディ2楽章。最初のソが高い。シラソのシラは指がくっつく。2小節目の四分音符が速すぎる。ラの解放弦からDの♭シに飛ぶのがうまくいかないので、丁寧に弾いてよく響きを聞いてから飛ぶと成功率が高くなる。
28小節目の16分音符が速すぎる。40小節目のミは♭がつく。もともとの調号をたまに無視しているので注意。指がくっつくところはマークして意識すること。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter