いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン181回目

雨が降りそう~湿気たっぷり~弦交換したばっかり~音が下がる下がる。
レッスン中にも何度かチューニングしなおしました。

カイザー
3番のベースとパターン9。
8分音符と16分音符に分けて拍をとっているので、4分の2で拍をとるように。
付点四分音符16分音符との組み合わせでは、弓の返しが遅いのでメトロノームで合わせる。確実にスラーの出だしをメトロノームに合わせて練習。移弦で特に遅れたり音がかすれるので注意。
次回は4番のパターン1-ABとパターン4。

音階
ニ短調。5ポジから3ポジに下がる時下がりきらないので、下がりすぎと思うくらい思い切って下げてみる。上がる時はネックを支えている指の根元がまだしっかり力が入っているので柔軟に。指を広げるところくっつけるところを明確にする。


バッハドッペル第1バイオリン。
はじめの8分音符は左を置いてから右手弾くを意識。音が残る。トリルは指板を叩いてしっかり鳴らすようにすると次の音に続く。数をそんなに入れなくてもよい。
1と2の指が開き気味。どこでくっつけ、開くのか確認して。
疑問に思う思うところはそこだけ抜き出して繰り返し練習が効果的。
他の弦が鳴りそうでカスレまくっているのでどこの弦を弾いているのか開放弦でバリバリ弾いてみて。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter