いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

次回使う予定の弦


今度は【Larsen Tzigane】ラーセン ツィガーヌバイオリン弦 2A、3D、4G セット と 【HILL&SONS】ヒルバイオリン弦 1E に交換予定。
今まで張っていたのはスゴくお高いもので、何だかんだと1年経ちました。高かったから勿体なくて😅 まだいい音色なのかわからないけど、さすがに1年はネ…。
こちらの弦にしようと思ったのは、落ち着いた音色という口コミが気になったからです。そうしたらE線はお気に入りのヒルでしょ、と決めました。
さぁて、いつ交換しようかな。天気のいい日に交換する予定です。

・・・換えました。
・・・弾きました。
換えたばかりだから音が下がる下がる😅
G線の響きが変わり(厚みと響き)、E線はスイッとしたきれいな音になりました。
いかに弦に助けられていたのかわかりました。

テールピース側です。テールピースの各穴が弦の方に引っ張られているためか、少々削れが出てきました。この穴を埋めるか、交換か・・・またまた出費がふらふら


ペグ側です。インフェルド青みたいです。(使ったことないけどね)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter