いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン179回目

猛暑です。太陽がメラメラ燃えています。今日の最高気温は35℃の予定。

カイザー
3番。1の指が高い。16分音符は弓を節約して。3拍目が早いのでメトロノームを使って正しいテンポで。
5番の全弓は合格。6番は始めの8分音符が重いので4小節くらいをひとつのフレーズとして全体を滑らかに。

音階
5ポジまでのニ短調。5ポジに移ってからのE線が苦しい。右手が止まってしまうのが原因かと。E線のフラジオは上がりすぎて次のレが下りきれない。指を開きすぎている。(試行錯誤30回超えでやっとクリア)


バッハドッベル1。指使いをところどころ直し。E線のファがいつもナチュラルなのかシャープなのか中途半端な高さ。弾きにくいところを取り出して反復練習。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter