いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

人前で弾く

先日、5年ぶりに人前で弾いてきました。
演奏会とか発表会というような大きなものではありませんが、やっぱり恥ずかしいものですね。
日々練習はしています。けれど人前で弾くと格段に下手くそになってしまいます。
それが本当の自分の力なんでしょう。

実際にバイオリンを見たことがない方、音を聞いたことがない方、たくさんいらっしゃいました。
キィキィな私の音で、これがバイオリンの音なんだと思ってしまわれたらとても気の毒です。
「ビバルディの四季を聞きたいわ」
リクエストがありましたがごめんなさい。。。とても今の私に弾けるレベルではありません。他のビバルディのさわりだけで勘弁してください。
「タイスの瞑想曲を弾いて」
すみません、しどろもどろです・・・。

今度お披露目できるのはいつごろなのか、鍛錬しなければと強く思った出来事でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter