いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

午後から雨降りになったので、アコースティックバイオリンを思い切り弾こうとチューニング。
ぶちっ
E線が切れてしまいました。
なんでやねん!
弦の交換なんて初めてだったけれど、テキストを見ながら新しい弦を巻いていきました。
ぶちっ
えええええええ!!!!!
根元からぶっちぎれて、私もぶち切れ。
よわっちいな、ヘリコア。
サイレント用に買っておいたドミナントを出し、これが最後と慎重に巻いていき、微妙に狂った音をチューニング。
何とか交換できました。
2時間ほど練習するつもりが疲れ果ててしまい、1時間程度にしました。
早速予備の弦を注文しなければ。

【メール便発送・全国送料無料・代金引換不可】ドミナント Dominant 4/4(E線ボールエ…
¥4,980
楽天

E線は切れやすいっていうからなぁ…。
個別にも買っておこう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter