いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン125回目

だいぶ涼しくなりましたー。嬉しいですね。

前回の弓の持ち方をこの1週間で直した(気)です。
でも人差し指が深すぎたかも。

音階
4つをスラーでつなげる時、アップでの最後の音がかなりきつい。
たまに弓が傾きそうになるので、(棹が手前を向きそうになる)それはナシで。
きつくなってくるのは、やはり人差し指が深いせいかも。
高音のほうは終わりにして、新たにひとつ宿題です。


アップ始まりなので自分の中でしっかりテンポを刻んで。
音符が少ないので、アラが目立ちやすい。
結構遅めで練習してかまわない。
今まで♭系の曲で指を開いていた影響が強く、♯系では音が高くなってしまうので注意。
四分音符、二分音符ではしっかり伸ばして。やや突っ込んでいってしまう意向がある。
1と3泊目でしっかり音を鳴らして。弱々しいと大丈夫かなーって気になる。
音の長さ、音の高さ、楽譜を見れば一目でわかる箇所でも2箇所も間違えていた(二分音符を四分音符として弾いていた、調号がついていないのに♯をつけていた)。
トリルは指をいちいち上げないで低いほうの指を押さえたままにしておくと楽。
弦を飛び越す移弦では他の音が鳴らないように、ゆっくり練習。
強弱を明確に。
以上気をつけて練習していけば、次回には終わるかも。
次の曲が宿題。
次の曲は、もっと大変かもー。
重音が出てくるけど、いい練習だと思って、思い切り弓元からババンと弾く。指は立てて。
弓は大きくギリギリまで使っていかないと足りなくなる。
乙女座 「頑張ってネ」

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter