いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン123回目

すっかり涼しくなりました~。
でも関東地方は1時間に100ミリの大雨で、一部冠水しています。明日も降るそうなので、気をつけなければ。

さて、ICレコーダーを準備してレッスン開始です。

音階
1音だけずれるが、他はいい。1指です。低くなるので。
弓の速さで音を出しているので、圧力で音を出すように。
人差し指に力が入りにくくて速さに頼るのは、弓の持ち方で、大きく手を開きすぎているので柔軟性がない。人差し指のほうに指を寄せるようにして小さくすぼめて
手が弓元に行ったときに肘を少し開くようにすると、弓先が指板の方に曲がらない。
指弓のやり方も教わる。
人差し指は動かさず、小指を動かす。「不動の人差し指」をめざす。
アップのときに手の形を強く意識して。
だんだんと、G、D線のほうが弾きやすくなっていい音が出るようになってきました。
音階では手首も意識してトレーニング。クセ付けをする。


弾けば弾くほどわけがわからなくなって楽譜真っ黒。赤ペン先生をしたいくらい。
必ずスランプにはまる。⇒乙女座 「あら、それ曲のたびに言っていますよるんるん (音符)
相変わらずポジション移動と移弦が重なるところがヘロヘロ。移弦しきれず、一瞬どの弦で弾けばいいのか判らなくなって迷いがある。4指の音程が不安定。テンポが1音ずつでしかもずれる。
メトロノームを買うことに決めました。
チューナーについていても弾くと聞こえなくなるんです。
フラジオレットのとき他の指も曲がっているので、指自体の重みが自然にかかってしまってきれいに鳴らない。指を離してパァって伸ばすと重みがかからない。弓は速めで。
時間切れとなってしまいました。

しかし、ひどい音。
上ずれ音になっている。
自分で聞き直して耐え難いものがあるのに、先生はさぞかし頭が痛いことだろう・・・。

目標:来週にはクリア

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter