いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

音を変換してみた

アリオーソ ←クリックすると音が流れます。この曲でやってみました。
ひとりでふたつの楽器を演奏することはできないので、伴奏は無料ソフトを使って入力しています。
ただMIDIでの入力なので、パソコンもしくはMIDI対応機器につながなければ音を聞けません。
パソコンにスピーカーをつなげるという方法もありますが、ケーブルがないので買ってくるのがね・・・。
無料のソフトでMIDIからMP3に音を変換してUSBに入れました。
最近のコンポはUSBも読み込むのでありがたいです。
さっそく聞いてみると、ピアノの音に近い伴奏の音でした。

入力秘話:
無料のソフトなので、装飾音とかクレッシェンドなど欲しいなーと思う機能が入っていません。
なので、装飾音に聞こえるように事細かに音符を割りました。
komaka
こんな感じ。
おかげで弾き方もわかりました。
バッハの時代のトリルは下からかけるんですよね。モーツァルトのあたりから、今のかけ方になったようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter