いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

本当は今日レッスンのはずだったのが、私の勘違いで時間を間違えてしまい、明日になりました。
先生に紹介してもらったお店で2回毛替えをしたので、調整もしてもらおうと約束していたのは今日。なので、ほとんどレッスンと同じルートで楽器屋さんに行ってきました。

低音部が響きにくいこと、駒に貼ってある皮がすり切れそうなことをあらかじめ伝えており、みてもらいました。
結果。
楽器自体は問題がなく、魂柱も低音が出るような位置に立っていること、駒の皮は大丈夫ということでした。弦があまりよくないかも、と・・・。
G~Aまでシノクサは珍しく、おとなしい音なので響かないでしょう、とのことでした。試しにエヴァ・ピラッツィをG・Dに張ってみたら、音が響きました~~。
エヴァは高いですよね、と言ったら、あとはオブリガートがいいんじゃないかって。
どっちも高いですよ。
まぁ、楽器をいじることはなくてただでアドバイスをもらってしまいました。

オブリガートは一応買ってあるんだけど、この間弦を替えたばっかりだし、精進しなきゃ。
「弘法筆を選ばず」ともいうしね。
あちこちやってみてどうしても物足りなくなったら買い替えになるんでしょうか。
まだ、あと3年はこのバイオリンで頑張ってもらわないと。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter