いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン84回目

今月に入って2回目の台風です。
気温はいくらか低いんだろうけど、湿度が半端なく高くって、レッスン中汗がだらだらでハンカチがじっとりになりました。
前回よりは、微妙に上達したようです。
弓の返しが途切れがちなので、手首の柔軟体操を練習しました。これ、先生から聞くのは3回目です。ペンキを塗るようにアップのときは手首をゆっくり曲げ、ダウンのときは伸ばします。意識すると滑らかに聞こえました。
アップのときのスタッカートでは、どこに力が入っているか聞かれ、前腕の方に力が入っていると答えると、人差し指に力をかけるようにアドバイスを受けました。弓幅が短くてもしっかりスタッカートがかけられて、節約できます。
あとはD線での音程がふらつくので注意です。
次回は来週・・・もう10月になるんですね。湯のみ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter