いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

駒の傾きが出たら調整

ケースから出すたびに弦が緩んでいるので、チューニングを繰り返していました。
そうしていると、駒が指板の方に傾いていくんです。

本来は、テールピースに対し直角に立っていれば安定しています。
弦によって多くチューニングをしていればしているほど、駒の傾きが出てきますから、ひどいと上から見たらS字のように歪んでいることもあります。
早め早めに直すのが大事です。

椅子に座り、両足でバイオリンをはさんで駒を両手で持ち、少しずつ力を加えていきます。急に力を加えると駒が倒れてしまいますので、慎重に・・・。少し弦を緩めておくのもいいでしょう。
もし不安であれば先生にみてもらうか、工房に出したほうが無難です。
こちらに詳しく載っていました⇒駒について

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter