いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン225回目

ずいぶん空きました。前回は11月30日。
風が強くて、すごく冷え込みます。手袋をしないと手がかじかんで弾けません。

音階

ト長調。1と2指の間隔が若干広い。

カイザー

15番。パターン2のダブルトリルが難関。3連符の感覚で弾くとつかみやすい。装飾音符がうまく鳴っていない。弓を押し付けて引っかかって鳴らない。34の時は指板を叩くように。

モーツァルトのメヌエット。前半で右手が浮いてしまっている。16分音符を意識しすぎ、ダウンで弓が跳ねる。薬指が機能していない。開放弦でダウン、アップアップと脱力してから弾いて右手を止めない練習。ポジション移動直前の音を短くしているので、意識的に丁寧に。trファミレドミソはキリキリッとアクセントを意識。次のロングスラーはフレーズを止めない。移弦で弓が遅くなるが弦を見て意識。フラジオが鳴らないが、若干低い位置を触っているのかも。
後半はフォルテでゆっくり確実に弾くように。スラーが3音分と同じ配分で2つスラーの時も弾いているので、弓幅を意識して。ハイポジ移動の時は親指も一緒に移動して。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter