いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

TSUKEMENライブに行ってきた

ほぼ2年ぶりに行ってきました。
今回は市内のホールですが、自宅が市内でも端の方なので電車とバスを使います。
前回は葛飾区だったから、近いっちゃぁ近いです。
チケットを取ったのが3月で、今日は7月末だから、うっかりするとチケットをどこにしまったか忘れそうでした。

胸突き八丁の坂を上ってホールに着くと、観客は結構年配の方が多かったです。
ホール内の写真を撮ろうと思いましたが、客席がなだらかな平面で段差が緩いので、頭が写る写る。撮りませんでした。
満員御礼、立見席まで買われた方もいて、熱気あふれました。席は中央よりやや後方、さらに視力が落ちたのかぼやけて見えにくいので、低倍率の双眼鏡を使いました。夫から「誰もそんなの使っていないじゃん、おかしいんじゃないの」と罵られましたが、見えないんですもの。やっぱり眼鏡が必要かなー、作ってしまうと目が甘えてますます視力が落ちるんじゃないかなー、でも次回の免許更新には必要かもなーなんて考えています。
今回の曲はすべてオリジナルでした。前半は音が出ていないなと思いましたが、(私に言われたくないと思いますけど)後半はやっと本来の持ち味が出て楽しめました。後半の出だしで、ホール中央の通路にバイオリンの二人が出てきて弾きながらステージに降りていきましたが、30歳越えの男の方に失礼ながらも、かわいい顔だなーとニコニコしてしまいました。

ライブが終わると外は今にも雨が降りそうで暗くなっています。急いで最寄り駅まで行く途中でポツポツ降り出しました。自宅最寄り駅ではザーザー本降り。おまけにバスターミナルのすぐそばの渋滞する交差点で車とバイクの接触事故があって現場検証中でした・・・。
夫から「今度音がいいっていうホールでやるときに行ってみようよ」と提案があり、行ってみようかなと思います。


RECHARGE
1. J Beat! (Album Ver.)
2. JONGARA
3. The Voice
4. Dear Doctor
5. SAKURA
6. ひかり (2017 Ver.)
7. Break Through
8. Sincere
9. VIBES (Album Ver.)
10.ROCK VIOLA
11.輝ける君の心へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter