いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン155回目

すっかり秋らしくなり、朝晩は寒いぐらいでも日中は乾燥した暑さ!

音階
イ短調。テンポは割と無難。ダウンで弓が遅くなりがち。ポジションが上がると圧が必要になってくるので音形が上がっていく時はクレッシェンド気味でいくときれいに弾ける。♯ソは高めにとるように。移弦のときに触れてはいけない線までも一緒に鳴っている。特に高い方の線が鳴るので、肘を上げて。8つスラーで練習。


ビバルディ。
16分音符で速くなりすぎ、8分音符で遅くなりすぎる。メトロノームを使ってテンポを整えて。
一番最初が一番遅くてのっぺりとしている。
音が飛ぶところは大げさに移弦しないと、他の弦まで鳴ってしまう。弓を使いすぎないように。
16分音符のテンポが乱れるので符点をつけて2通りの練習をすること。
音が「どっこいしょ」というふうに強く聞こえるので、フレーズをよく考えて、次のフレーズにつなげるような弾き方をする。
右手と左手がばらばらになる時は符点と逆符点で練習してリズムを整えること。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter