いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

どうもペグが滑りやすいし、それで音程が下がり、音を上げてチューニングしているうちに駒も少し傾いてきてしまいました。
コンポジションを買ったので、弦を交換ついでにペグに点々と塗っていきました。
初めは塗りすぎたら固くなると思ったので控えめにしたら、やっぱり回ってしまいました。等間隔にしっかりコンポジションの色がつくように塗り、チューニングするとぴたりと止まります。
ADG線は今までどおりドミナント、E線はゴールドブラカットにしました。今までヒルだったので、音がキンキンする感じです。駒も慎重に直しました。
30分かかりましたよ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter