いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

レッスン237回目

明日は大雨。

音階

イ短調。やはりドがどの線でも高い。

カイザー

20番。重音祭りで、もはや何をしているのかわからない。騒音以外の何物でもない。
スラー抜きで練習し、Aのソがいつも高いので、そこまで指を開かなくても。ピチカートは、弓を弦から離して。
準備をしてから弾きはじめること。腕と手首を下げること。

アッコーライ。初っ端はもう。。。練習しましょう。
テンポがバラバラ。二分音符を符点四分音符並みに短くしてしまっている。
重音部は弓を止めないで勢いでブイブイ行く。1ページ目を重点的に。ポジション移動は降りるときに丁寧に。ハイポジの音程を安定させて。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter