いつかきれいな音色で弾くことを夢見て

menu

Violin Life

やっぱり大きい?

バイオリンの練習をするときは、リビングの窓を閉めています。
練習中に夫が帰ってくることが時々あるので、その時に外に音が漏れていなかったか聞くと、あんまり気にならないくらいで細々と聞こえるかなーという程度です。
半年前まではね。
秋になって楽器が鳴るようになったためか、はたまた弾き方を見直したためか、弾いているとわかるほど聞こえるようになったそうです。
弾き方がよくなって本来の大きさの音が出せるようになったのなら喜ばしいのですが、下手なのも込みで聞かせてしまっているならば申し訳ないなぁ。
でもごめんなさいね。これからもっとお聞かせしますので。あせあせ (飛び散る汗)

思えば、一番初めに触ったのはサイレントバイオリンです。それでもちょっと弓をこすっただけででた音にドキドキしました。次にアコースティックバイオリンを持ったとき、出た音にヒィィッ冷や汗2 (顔) て驚きました。とにかく音が大きくてチューニングすら怖くてできないくらいでした。
ふふふ、あれから何年たったのかしら。ずいぶん肝が太くなりました。
今ではガーガーギーギーと弓をこすりつけています。
電子ピアノをバリバリ弾いては「やっぱり本物がいいよー!」と言っていたり、うるさい家です。

音の聞こえがよくなったのは、家に隙間が増えたからかもしれません。

関連記事

  1. トク丸さん、こんばんは。
    わたしもサイレントバイオリンもっています。まだあまり使っていませんが、アコースティックの音に慣れるまではあれはあれで(サイレントピアノのように完全に消音されないので)けっこう弦の音がするもんだと思っていましたが、アコースティックの音に耳が鳴れるとかなり小さく聞こえるようになりました。
    よいご主人をお持ちなんですね。わたしもピアノのおけいこ中はかなり家族に迷惑をかけたクチです。バイオリンはミュートとか言っても完全には消音できないのでちょっとたいへんですね。

      • トク丸
      • 2014年 10月 29日

      mylifewithviolinさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      音の大きさにはだんだん慣れてくるものですね。サイレントがあるのでミュートは持っていませんが、どのくらい音が小さくなるのでしょうか。
      ピアノは時間を決めて弾いていました。
      下手だな、みっともないな、と音をあまり出さないようにこわごわと弾いていたのでは上達しないので、心の中でごめんなさいって謝りながらジャカジャカやっていました~。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

応用したいテクニック

  1. 重みを乗せるということ

過去記事

参加しています

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Twitter