今さらチューニング

バイオリンを始めたころは、AからDGEと1音ずつチューナーで合わせていましたが、やがて2弦ずつ音を合わせる先生を見てチャレンジしてきました。
曲で重音を弾くようになって、きれいな音の重なりを求めて耳も左手も敏感になったのでしょう。1本の線のように音を合わせるのができるようになってきました。
チューニングなんて初期の初期だと思っていましたが、今まではなんか音がぶれているような気がしてならなかったのです。レッスン後に自分でやってみてもなかなかうまくできなくて。
奥が深いものですね・・・。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*