ヴィブラート教本: ヴァイオリンのための


ヴィブラート教本: ヴァイオリンのための
ヴァイオリン演奏において、表現に欠かせない技術であるヴィブラート。これに特化した世界でも珍しい教本。第1章では、ヴィブラートのための指・手首・腕の動かし方など物理的なテクニックを、部位ごとの練習からコンビネーションの練習に至るまでに徹底的に習得。第2章では、解釈し表現したいものをより実現させやすくするためのヴィブラートのコツなどを、オリジナルの練習曲や有名曲を用いて実践します。ヴィブラートを自在にかけられるようになり、音楽を思いのままのまま操れるようになりたいという演奏家たちのバイブルとなるでしょう。指導者が生徒を教えるためにも、またプロの演奏家が自身のためにも使える画期的な一冊です。
ヴィヴラートを始めてから2年ですが、いまだに2の指でしかかけられません。曲を習っていくときに付け足しのような感じで教わったので、基礎からまた始めてみます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*